変化する働く女性の服装

近年、オフィスワークでは制服の着用が義務付けられている職場が少なくなりました。
男性は昔からビジネスシーンにおいては、スーツにネクタイが最もポピュラーでしたが、女性の服装に関して言えば、昔は制服を採用している職場がかなり多かったように思います。
そのため、仕事のときの服装を心配する必要はありませんでしたが、制服が廃止になると困るという声をよく耳にします。

女性の場合、スカート又はパンツタイプなど、服装のデザインは多様なバリエーションがあります。
したがって、デザインの選択肢が多様にあると、仕事にピッタリの服装を毎日考えなければならないのは一苦労です。
それに、企業のイメージにマッチした制服があれば、女性社員の経済的な負担も軽くなるというメリットもあります。
さらに、女性の制服は企業のイメージにもつながっており、制服のデザインを見て「この企業で働いてみたい」といった憧れを生み出すことにもなっています。

しかし、制服の支給は企業にとっては大きな経費につながるため、ITやアパレル系など、若い年齢層が多く働いているオフィスや外資系の企業では、私服で仕事をするスタイルを採用するようになってきました。
銀行や医療職のような職場では、イメージや仕事のしやすさを考慮して制服を重宝する傾向が継続していますが、私服を導入する会社は今後ますます増えていくでしょう。
ですから、就職や転職をするときには、制服の有無もしっかりとチェックして、自分は制服と私服のどちらが働きやすいかをじっくりと検討するようにしましょう。

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031