制服のサイズが合わなくなったときの対処法

仕事をするにあたって、制服の着用が必須という会社はかつてに比べると少なくなっていますが、職種によってはまだまだ重宝されています。
そのような職場では、制服は基本的に会社が支給するのが一般ですが、無償で支給される物品だけに、自分の体型が変わってきたことによって、着用しにくくなった場合には、どのように対処していいのかで苦慮する人も多いでしょう。

そのような場合の改善案の一つとしてまず考えられるのが、自分でサイズを手直しするという方法です。
裁縫の知識が少々あれば決して難しいことではありませんし、自分でやるのが難しいという場合は、知人やお直しショップに依頼するといいでしょう。
ただし、制服の作りによっては手直しが難しいケースもあるため、事前にできるかどうかを確認しておく必要があります。

それから2つ目の方法としては、会社に申し出て別のサイズの制服に変更してもらう方法です。
ただし、女性の場合は、会社にサイズ変更を申し出るのは勇気がいりますし、自分の都合で新しい制服と交換してもらう場合には、必ずしも無償とは限りません。
しかし、会社に相談するという方法は、最も安心な方法でしょう。

それから、これらの方法が煩わしいと思う場合は、制服がない職場への転職を視野に入れておくのも一つの方法です。
医療職のような特定の業界では、制服の着用はマストかもしれませんが、業種によっては私服を認めているところも少なくないので、毎日仕事で着用する服を選ぶことが苦痛でない場合は、私服の職場を選ぶのもありかもしれません。

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031